田舎から風俗を求めて

そこにはロマンを超えた何かがある

風俗にはロマンという言葉以上のものがあるんじゃないのかなって思っています(笑)それが一体何なのか、具体的には良く分からないし自分でも言葉で上手く説明出来ないんですけど、いわば男としての本能が風俗を求めているってことなんじゃないのかなと。風俗って男としての本能をこれでもかといわんばかりに満たせるし、一度でも遊べばそう言ったものだと分かるので、次への期待値も高まるじゃないですか。そこで自分の中でいろいろな気持ちが積みあがって行って、じゃあどうするのかってことになるんじゃないのかなって思うんですよね。だから風俗で遊んでいると、自分でもフワフワしているんです。日常生活の中ではまず味わうことがないであろう気持ちと言うか、夢心地というかロマンを超えた何かを感じているんじゃないですかね。理屈を超えて本能にダイレクトに働きかけるもの。それが風俗だと思いますので、男としてはやっぱり風俗の存在は特別なものですよ。