楽天 プラダ バッグ アウトレット アウトレット プラダ バッグ イタリア プラダ バッグ 値段 サフィアーノ プラダ バッグ 中古 ショルダーバッグ プラダ ショルダーバッグ Prada ターコイズ プラダ バッグ ナイロン トートバッグ プラダ トートバッグ Prada バイマ Prada バッグ バッグ プラダ バッグ Prada ブランド バッグ プラダ プラダのショルダーバッグ プラダのデニムトートバッグ プラダのトートバッグ プラダのトートバッグ デニム プラダのバッグ新作 プラダのバッグ プラダのバッグ 値段 プラダの新作バッグ プラダキャンバストートバッグ激安 プラダキャンバストートバッグ新作 プラダキャンバストートバッグ プラダショルダーバッグアウトレット プラダショルダーバッグナイロン プラダショルダーバッグヒョウ柄 プラダショルダーバッグ赤 プラダショルダーバッグ激安 プラダショルダーバッグ梨花 プラダショルダーバッグ新作 プラダショルダーバッグ中古 プラダショルダーバッグ黒 プラダスポーツ ショルダーバッグ プラダスポーツ バッグ プラダチェーンショルダーバッグ プラダデニムショルダーバッグ プラダデニムトートバッグ定価 プラダデニムトートバッグ激安 プラダデニムトートバッグ プラダトートバッグデニム定価 プラダトートバッグデニム激安 プラダトートバッグハワイ プラダトートバッグリボン プラダトートバッグ赤 プラダトートバッグ公式 プラダトートバッグ紗栄子 プラダトートバッグ人気色 プラダトートバッグ人気 プラダトートバッグ正規価格 プラダトートバッグ黒 プラダトートバッグ アウトレット プラダトートバッグ カナパ プラダトートバッグ ピンク プラダトートバッグ 激安 プラダトートバッグ 新作 プラダトートバッグ2way プラダナイロンショルダーバッグ プラダナイロントートバッグ プラダバッグ 人気 プラダバッグ2013 プラダミニトートバッグ プラダメンズバッグ新作 プラダレオパードバッグ プラダ布トートバッグ プラダ公式 バッグ プラダ新作トートバッグ プラダ新作バッグ2014 プラダ中古バッグ プラダ最新バッグ プラダ アウトレット トートバッグ プラダ アウトレット バッグ プラダ ウエストバッグ プラダ エコバッグ プラダ エナメル バッグ プラダ カナパ トートバッグ プラダ ガレリアバッグ プラダ キャリーバッグ プラダ キャンバスバッグ プラダ クラッチバッグ プラダ サフィアーノ バッグ プラダ ショッピングバッグ プラダ ショルダーバッグ プラダ ショルダーバッグ コピー プラダ ショルダーバッグ ピンク プラダ ショルダーバッグ メンズ プラダ ショルダーバッグ リボン プラダ ショルダーバッグ レザー プラダ ショルダーバッグ レディース プラダ ショルダーバッグ 革 プラダ ジーンズ バッグ プラダ スタッズ バッグ プラダ チェック バッグ プラダ チェーンバッグ プラダ デニムバッグ プラダ トートバッグ プラダ トートバッグ 価格 プラダ トートバッグ 値段 プラダ トートバッグ さえこ プラダ トートバッグ キャンバス プラダ トートバッグ コピー プラダ トートバッグ サイズ プラダ トートバッグ デニム プラダ トートバッグ ナイロン プラダ トートバッグ ベージュ プラダ トートバッグ ミニ プラダ トートバッグ メンズ プラダ トートバッグ レザー プラダ トートバッグ 白 プラダ トートバッグ 定価 プラダ トートバッグ 革 プラダ トートバッグ 迷彩 プラダ トートバッグ 中古 プラダ トートバッグ 芸能人 プラダ トートバッグ 2012 プラダ トートバッグ 2014 プラダ ナイロンバッグ プラダ バッグ プラダ バッグ 価格 プラダ バッグ 値段 プラダ バッグ 楽天 プラダ バッグ アウトレット プラダ バッグ アウトレット 激安 プラダ バッグ オレンジ プラダ バッグ オークション プラダ バッグ カナパ プラダ バッグ キャンバス プラダ バッグ キャンバス トートバッグ プラダ バッグ クリーニング プラダ バッグ コピー プラダ バッグ コピー デニム プラダ バッグ コピー 代引き プラダ バッグ コピー 見分け方 プラダ バッグ サエコ プラダ バッグ ショルダー プラダ バッグ セール プラダ バッグ チェック プラダ バッグ デニムトート プラダ バッグ デニム生地 プラダ バッグ デニム プラダ バッグ デニム アウトレット プラダ バッグ デニム コピー プラダ バッグ デニム スタッズ プラダ バッグ デニム ピンク プラダ バッグ デニム 激安 プラダ バッグ デニム 中古 プラダ バッグ トートバッグ プラダ バッグ トートバッグ ロゴ キャンバス プラダ バッグ トート プラダ バッグ トート 新作 プラダ バッグ ナイロン プラダ バッグ ナイロン 汚れ プラダ バッグ ナイロン クリーニング プラダ バッグ ナイロン ショルダー プラダ バッグ ナイロン トート プラダ バッグ ナイロン ボストン プラダ バッグ ナイロン メンズ プラダ バッグ ナイロン リボン プラダ バッグ ナイロン リボン 黒 プラダ バッグ ナイロン リュック プラダ バッグ ナイロン 斜め掛け プラダ バッグ ナイロン 新作 プラダ バッグ ナイロン 2way プラダ バッグ ナイロン Tyuuko プラダ バッグ ヒョウ柄 プラダ バッグ ピンク プラダ バッグ ピンク スエード プラダ バッグ ブルー プラダ バッグ ブル プラダ バッグ ブログ プラダ バッグ ベージュ プラダ バッグ メンズ プラダ バッグ メンズ ショルダー プラダ バッグ メンズ スカル プラダ バッグ メンズ トート プラダ バッグ メンズ ナイロン プラダ バッグ メンズ ビジネス プラダ バッグ メンズ 迷彩 プラダ バッグ メンズ 新作 プラダ バッグ メンズ 中古 プラダ バッグ リボン プラダ バッグ リュック プラダ バッグ レザー プラダ バッグ レディース プラダ バッグ 安い プラダ バッグ 本物 プラダ バッグ 赤 プラダ バッグ 店舗 プラダ バッグ 定価 プラダ バッグ 種類 プラダ バッグ 革 プラダ バッグ 格安 プラダ バッグ 公式サイト プラダ バッグ 公式 プラダ バッグ 公式 ショルダーバッグ プラダ バッグ 公式 トート プラダ バッグ 公式 メンズ プラダ バッグ 公式 新作 プラダ バッグ 激安 プラダ バッグ 梨花 プラダ バッグ 迷彩 プラダ バッグ 人気 プラダ バッグ 通販 プラダ バッグ 斜めがけ プラダ バッグ 新作 プラダ バッグ 新作 コピー プラダ バッグ 新作 デニム プラダ バッグ 新作 トート プラダ バッグ 新作 ピンク プラダ バッグ 新作 メンズ プラダ バッグ 新作 花 プラダ バッグ 新作 2012 プラダ バッグ 新作 2013 プラダ バッグ 新作 2013 秋冬 プラダ バッグ 新作 2014 プラダ バッグ 修理 プラダ バッグ 一覧 プラダ バッグ 一覧 メンズ プラダ バッグ 正規価格 プラダ バッグ 中古 プラダ バッグ 中古 価格 プラダ バッグ 中古 ボストン プラダ バッグ 最新 プラダ バッグ 2012 プラダ バッグ 2013 プラダ バッグ 2014 プラダ バッグ 2014 新作 プラダ バッグ 2way プラダ ビジネスバッグ プラダ ピンク バッグ プラダ フリル バッグ プラダ ボストンバッグ プラダ マザーズバッグ プラダ メンズ ショルダーバッグ プラダ メンズ トートバッグ プラダ メンズ バッグ プラダ メンズ バッグ 迷彩 プラダ リボン バッグ プラダ レザーバッグ プラダ レディース バッグ プラダ 布バッグ プラダ 赤 バッグ プラダ 革 バッグ プラダ 激安 バッグ プラダ 肩掛けバッグ プラダ 旅行バッグ プラダ 迷彩 バッグ プラダ 人気バッグ プラダ 斜めがけバッグ プラダ 新作 バッグ プラダ 財布 イタリア 値段 プラダ 財布 メンズ 値段 プラダ 財布 リボン 値段 プラダ 黒 バッグ プラダ 2014 バッグ プラダ2wayトートバッグ メンズ バッグ プラダ メンズ プラダ バッグ 紗栄子 プラダ トートバッグ 激安プラダバッグ 新作プラダバッグ 中古 プラダ バッグ Pradaのトートバッグ Pradaショルダーバッグ新作 Pradaデニムトートバッグコピー Pradaデニムバッグ激安 Pradaトートバッグ値段 Pradaトートバッグ偽物 Pradaトートバッグアウトレット Pradaトートバッグキャンバス Pradaトートバッグ定価 Pradaトートバッグ人気 Pradaトートバッグ中古 Pradaナイロンショルダーバッグ Pradaナイロントートバッグ Pradaナイロンバッグリボン Pradaバッグ 中古 Prada迷彩バッグ Prada アウトレット バッグ Prada キャンバストートバッグ Prada キャンバストートバッグ コピー Prada キャンバス バッグ Prada コピー バッグ Prada サフィアーノ バッグ Prada ショルダーバッグ Prada ショルダーバッグ ナイロン Prada ショルダーバッグ メンズ Prada ショルダーバッグ レディース Prada スタッズ バッグ Prada デニムトートバッグ Prada デニムバッグ Prada トートバッグ Prada トートバッグ コピー Prada トートバッグ デニム Prada トートバッグ デニム コピー Prada トートバッグ ナイロン Prada トートバッグ ピンク Prada トートバッグ ベージュ Prada トートバッグ ミニ Prada トートバッグ メンズ Prada トートバッグ 激安 Prada トートバッグ 新作 Prada トートバッグ 芸能人 Prada ナイロンバッグ Prada バイカラー バッグ Prada バッグ Prada バッグ 価格 Prada バッグ 値段 Prada バッグ 偽物 Prada バッグ 東京 Prada バッグ おすすめ Prada バッグ お財布 Prada バッグ がま口財布 Prada バッグ アウトレットモール Prada バッグ アウトレット Prada バッグ アジア限定 Prada バッグ アマゾン Prada バッグ アメブロ Prada バッグ イギリス Prada バッグ イタリア Prada バッグ ウエストバッグ Prada バッグ ウエストポーチ Prada バッグ ウォレット Prada バッグ カナパ Prada バッグ カバン Prada バッグ キャンバストー Prada バッグ キャンバス Prada バッグ コピー Prada バッグ コピー 激安 Prada バッグ サフィアーノ Prada バッグ ショップ Prada バッグ ショルダーバッグ Prada バッグ ショルダー Prada バッグ スーパーコピー Prada バッグ セール Prada バッグ チェーンウォレット Prada バッグ チェーンバッグ Prada バッグ チャーム Prada バッグ デニム Prada バッグ トートバッグ Prada バッグ トート Prada バッグ ナイロン Prada バッグ ハンドバッグ Prada バッグ バーゲン Prada バッグ ピンク Prada バッグ ファッション Prada バッグ フォーマル Prada バッグ ブログ Prada バッグ ベージュ Prada バッグ ホワイト Prada バッグ ミニ財布 Prada バッグ メンズ Prada バッグ メンズ 中古 Prada バッグ ヤフオク Prada バッグ ランキング Prada バッグ リボン Prada バッグ リボン ショルダー Prada バッグ リボン ナイロン Prada バッグ リメイク Prada バッグ レザー Prada バッグ レプリカ Prada バッグ ヴィクトリア Prada バッグ ヴィンテージ Prada バッグ 板野友美 Prada バッグ 本店 Prada バッグ 本社 Prada バッグ 春夏 Prada バッグ 大好き Prada バッグ 大阪高島屋 Prada バッグ 店舗 Prada バッグ 定価 Prada バッグ 割引 Prada バッグ 格安 Prada バッグ 公式サイト Prada バッグ 公式ホームページ Prada バッグ 公式 Prada バッグ 古い Prada バッグ 花柄 Prada バッグ 激安 Prada バッグ 激安 本物 Prada バッグ 梨花 Prada バッグ 旅行カバン Prada バッグ 免税店 Prada バッグ 女性 Prada バッグ 取扱店 Prada バッグ 人気 Prada バッグ 日本 Prada バッグ 色一覧 Prada バッグ 通販 Prada バッグ 限定色 Prada バッグ 限定 Prada バッグ 斜め掛け Prada バッグ 斜めがけ Prada バッグ 新色 Prada バッグ 新作 Prada バッグ 新作 ナイロン Prada バッグ 新作 メンズ Prada バッグ 新作 2013 Prada バッグ 新作 2014 Prada バッグ 修理 Prada バッグ 一番人気 Prada バッグ 有名人 Prada バッグ 原産国 Prada バッグ 再振り Prada バッグ 評価 Prada バッグ 折りたたみ財布 Prada バッグ 折財布 Prada バッグ 正規価格 Prada バッグ 中古 Prada バッグ 販売店 Prada バッグ 販売 Prada バッグ 芸能人 Prada バッグ 黒 Prada バッグ 1番人気 Prada バッグ 2011限定 Prada バッグ 2012~13年秋冬新作 Prada バッグ 2012秋冬 Prada バッグ 2012秋 Prada バッグ 2012 Prada バッグ 2014春夏 Prada バッグ 2014秋冬 Prada バッグ 2014新作 Prada バッグ 2wayショルダーバッグ Prada バッグ 2wayハンドバッグ Prada バッグ 2wayバッグ Prada バッグ 3つ折り財布 Prada バッグ 3つ折り Prada バッグ 3パック Prada ビジネスバッグ Prada ピンク バッグ Prada ボストンバッグ Prada ミニトートバッグ Prada メンズ バッグ Prada リボン バッグ Prada リボン バッグ ピンク Prada レザーバッグ Prada 赤 バッグ Prada 革 バッグ Prada 新作 バッグ Prada 2013 バッグ Prada 2014 バッグ Prada 2wayショルダーバッグ Prada 2wayトートバッグ Prada Milano バッグ Prada Saffiano バッグ Prada Sports バッグ

News & Events

Read Margie's conversation with American PEN on freedom of speech in South Africa.

 

 

Follow Margie's blog feed.

 

 

 

 

Water Music is Apple iTunes book of the week, and free!

Water Music coverFrom 10 March 2014, Water Music is Apple's Book of the Week. And for this week it's FREE!

Click here to buy Water Music on iTunes.

 

Margie writes on the Oscar Pistorius trial

Oscar Pistorius trial: the imaginary black stranger at heart of the defence

South African novelist describes how case taps into painful narrative in which race, sex, power and violence converge

Tuesday 4 March 2014

The murder trial of Oscar Pistorius is gearing up to be a John Grisham-style courtroom drama. It will be a battle of “expert?opinions because the uncontested fact is that on Valentine’s Day last year Pistorius fired four shots at close range through a locked bathroom door and killed Reeva Steenkamp. This is not in dispute.

What is in dispute is his claim that he did not intend to kill his girlfriend. He says he was shooting at somebody else; that he thought there was an “intruder?in the bathroom; that this killing was a mistake; that it was not just another South African femicide.

Read more at The Guardian.

 

Margie signs a five-book deal with Head of Zeus

Head of Zeus logoLaura Palmer from Head of Zeus in the UK has acquired the rights to Margie Orford's Clare Hart series, which is published locally by Jonathan Ball. The deal was brokered by Orford’s agent, Isobel Dixon. Head of Zeus will publish Gallows Hill next year along with re-issues of the previous books in the series, Daddy’s Girl, Blood Rose and Like Clockwork. The latest book, Water Music, will be published thereafter.

Palmer said that Orford “is a brilliant, sophisticated crime writer dealing with universal themes in an unusual setting. At Head of Zeus, we’re looking forward to publishing all of her novels with fabulous new packaging, and bringing Clare Hart to a wider British readership.?/p>

Orford said that she is “delighted that the Clare Hart series has found such a stylish home in Head of Zeus and it will be such a pleasure to be working with Laura Palmer again.?/p>

 

Water Music now out

Water Music SA coverMargie's new novel, Water Music, her fifth in the Clare Hart series, was launched in South Africa in July 2013.

When an emaciated child is found on an icy Cape mountainside, profiler Dr Clare Hart is baffled that no one has reported her missing. Where does she come from, who does she belong to? To further complicate matters, a distraught man pleads with Clare to find his missing granddaughter, Rosa, a gifted but troubled young cellist who has abandoned her music scholarship.

Read more about Water Music.

Buy Water Music with Bookfinder.

 

 


Margie in the UK

Grammar of Violence posterIn May 2013, Margie visits the United Kingdom, talking at Cambridge and York Universities.

21 May, 5 p.m.: Margie will be talking on The Grammar of Violence: South African crime as fiction, Faculty of English, Cambridge University. Enquires to Chris Warnes: cgw26 [at] cam.ac.uk.

23 May, 5 p.m.: York University Writer in Residence, Gillian Slovo, and Margie Orford will discuss PEN, justice and the creative process, York University. More details here.

 

 

Margie visits New York City

In April and May 2013, Margie will be visiting New York City talking crime and fiction. She will take part in the PEN America World Voices Festival 2013 and will be talking about the Grammar of Violence at the City University of New York. Click below for more information on her events:

30 April, 7 p.m.: 2013 PEN Literary Gala, hosted by Philip Roth.

1 May, 7 p.m.: Margie will be talking on The Grammar of Violence: South African crime as fiction, CUNY

3 May, 6:30 p.m.: A Literary Safari, World Voices Festival, hosted at the Westbeth Center for the Arts, New York’s oldest artist’s community.

4 May, 5 p.m.: South Africa in Two Acts, World Voices Festival. Peter Godwin, Zakes Mda, Siphiwo Mahala and Margie Orford will discuss literature, accountability, crime and fiction.

 

Some thoughts on censorship

In October 2012, Margie wrote on censorship in response to a theme at the Edinburgh World Writers' Conference
Censorship is a recent and painful memory for South Africans. In an event organized for the Nobel Peace Prize winner, Liu Xiabo, several of the writers invited to read in his honour had been imprisoned for writing things the state did not like and seen their works banned. Many of the books I wished to read as a student at the University of Cape Town were banned. One needed special permission to read certain or you needed to travel to places where knowledge and imagination breathed easier. Being in possession of banned books carried heavy jail penalties.

Click to read more.

 

Look Out for Margie Orford: Interview with Shots ezine

Some people feel that crime fiction is the only way in which they can raise social issues that they feel very strongly about. Do you feel that that is true?
I’m a storyteller first and foremost, but murder, cruelty and power have been central to stories since the first fire in the first cave. Crime fiction, though, takes place in the urban mean streets where social issues play out ?poverty and affluence, danger for women, the history of a complicated society. So those social issues grow out of that ?everybody comes from somewhere. They carry the social with them.

Click to read more.

 

In-depth feature in the Daily Maverick

"Frigging smart woman ?and a hell of a lot more than just fine, I’d say." The Daily Maverick's Mandy de Waal interviews Margie in an in-depth feature in March 2012.

Click to read.

 

Margie answers the famous Proust questionnaire

Which historical figure do you most identify with?
Elizabeth the First. Fierce and free and the boss. Fabulous red hair. Arch suitor manipulator. And a woman who knew how to power play in what was absolutely a man’s world. She was also erudite and wrote wonderful letters. Her speech to her troops before they went to war against the Spanish Armada is incomparable. I recite it to my children every day before they go to school. Works every time. They leave. I get to be alone.

Alex Smith poses the Proust questionnaire to Margie on the BooksLIVE website. Read it here.

 

13th Street's Tara Moss interviews Margie Orford

Click here to see video of an interview with Tara Moss, crime writer and television anchor for 13th Street, Australia’s dedicated crime and thriller channel.

 

Interview with Margie on Australia's RadioNational

Click here to download a radio interview with ABC's RadioNational's Late Night Live show on women and crime writing.

 

Margie in conversation with LitNet's Janet van Eeden

Margie, you said in an interview that Daddy’s Girl is a prequel to your two other Dr Clare Hart novels, Like Clockwork and Blood Rose. It is my favourite of all your Clare Hart novels to date. Did you find it difficult to go back in fictional time to write about events preceding the other two novels? Did this happen by accident or did you plan to write the prequel even before you wrote the other two? Is it difficult to write in reverse, as it were?

Daddy’s Girl is the prequel ?but I had not planned it that way. With Like Clockwork I just held my breath and jumped into the deep end of the crime fiction pool. I had not realised, though, how central the relationship between Clare Hart and Captain Riedwaan Faizal was going to be to all the novels. Milan Kundera wrote that the rules of a relationship are set within the first 20 minutes of their meeting. I thought I needed to know what happened in those first 20 minutes between Clare and Riedwaan. The kernel of the back-story was there in Like Clockwork. So I went back to it. I loved writing Daddy’s Girl ?harrowing as it is ?because the time of the novel was so tight ?72 hours. It is hard to predict where a writing path will take one ?so writing the prequel was just part of the path that I have set myself on. One always writes without a map, so Daddy’s Girl was a way of discovering the topography of my characters?world.

Click here to read the full interview.

 

Great coverage for Gallows Hill

Gallows Hill SA coverGallows Hill has had some excellent coverage and reviews since its release:

'It's got the snappy dialogue and the meticulous forensic detail you've come to expect from a Clare Hart thriller. But it's also got something different.' Jacqui L'Ange, The Times. Read more.

'Margie Orford, South Africa’s queen of crime writing, is almost anthropological in her study of how humans live and die.' Karabo Kgoleng, City Press. Read more.

Also, click here for links to an interview in The Citizen and a podcast interview with Jenny Crwys-Williams.

 

 

 

Jonathan Ball promotes Margie as The Queen of Crime

Jonathan Ball Queen of Crime PosterMargie's South African publishers, Jonathan Ball, are promoting Margie as the Queen of South African Crime Fiction this holiday season with this fabulous poster series which will promote her books in CNA stores.


 

Margie interviewed on Australia's Channel 10

On her visit to Melbourne for the She Kilda Festival, Margie was interviewed on The Circle on Channel 10 on 6 October 2011. Click here to view a video of the interview.

 

Gallows Hill

Gallows Hill SA coverGALLOWS HILL, the new Clare Hart thriller, is released in South Africa in October 2011. Margie has a full tour of events and engagements planned.

‘Margie Orford is the queen of South African crime thriller writers…? Sue Grant-Marshall, The Weekender

The woman lay curled up inside the small box. She had been jammed into it. Her head must have pressed up against the top, her feet against the bottom. Her belly would have pressed painfully against her lungs, her thighs. If she had been alive to feel it.

A dog scavenging in an illegal building site digs up a bone. A human bone. She drags it back to where her mistress lies dead in an abandoned shed, but there are hundreds more ?Skeletons which have lain undisturbed for centuries beneath Gallows Hill, where Cape Town’s notorious gibbets once stood.

Investigative profiler Dr Clare Hart is called in by Captain Riedwaan Faizal of the SAPS Gang Unit and soon discovers that a deadly, more recent secret lies hidden among these long-buried bones. Who was the woman in the green silk dress? Who wanted her dead? Who buried her body among these ancient graves?

As Clare Hart gets closer to revealing the truth about Gallows Hill, she becomes entangled with a fascinating but vulnerable young woman, and is drawn into a world of art, desire and destructive jealousy. Against the backdrop of corporate corruption and seething political tensions, Clare and Riedwaan’s complex relationship remains as explosive as ever ?and their very lives are at risk: the keepers of the secret of the woman in the silk dress will stop at nothing to keep the truth buried.

Gallows Hill is the fourth in Margie Orford’s Clare Hart series, published to acclaim around the world.  Be warned ?read one Clare Hart novel and you’re hooked!


Daddy's Girl UK edition

Daddy's Girl UK jacketThe UK edition of DADDY'S GIRL, published by Corvus, is now out. Buy it at Amazon.co.uk.

'Orford plots so brilliantly that to stop reading is as harrowing as to carry on.' ?Jake Kerridge, Telegraph. Read the whole review here.

Captain Riedwaan Faizal is a member of Cape Town’s elite Gang Unit. Tough and streetwise, he is used to being a target. But when the danger of his anti-gang war envelops his only daughter and he becomes the prime suspect in her abduction, there is little he can do.

He turns to Dr Clare Hart, investigative journalist turned profiler. She is sceptical of Riedwaan Faizal, but she knows only too well what happens when little girls  are abducted. Against her better judgement, she agrees to help look for Yasmin.

Their desperate search for the missing child, whose chances of survival diminish with each hour, unravels a web of deception and danger that puts all their lives at terrible risk.


Wordsetc #7

WordsEtc #7 coverThe seventh edition of Wordsetc, South Africa’s foremost literary journal, hit the shelves in March 2010. The publication continues to showcase the best of South African literature. This time around it focuses on crime fiction as a theme. Guest edited by author and editor Joanne Hichens the edition explores the ins and out of the genre, the motivation of crime writers to write crime fiction, and takes a look too at real-life crime in our society.

Read all about Margie Orford’s success ?how she makes crime pay ?with her Clare Hart series, in the main profile by Sam Beckbessinger.

There are also illuminating essays by writers such as Hichens, Jassy Mackenzie, Sarah Lotz, Richard Kunzmann, Roger Smith, Helen Moffett, Andrew Brown, Justice Malala, Emma Chen, Thembelani Ngenelwa and Megan Voysey-Braig. It’s a feast of reading for the literati or those who simply can’t get enough of South African literature.

 

 

Rave reviews for Daddy's Girl

Daddy's Girl SA cover

'Orford plots so brilliantly that to stop reading is as harrowing as to carry on.' ?Jake Kerridge, Telegraph. Read the whole review here.

‘Orford is on top form. Her sense of place - the sandy drear of the Cape Flats, the mank of strip clubs in the daylight hours - is immaculate. Her writing is more assured, pithier, with snub-nosed dialogue and a sprinting pace.?/em> ?Michele Magwood, Sunday Times. Read the whole review here.

‘Orford writes of these things skillfully, economically, lovingly.  Her ear for natural dialogue is assured, and she weaves Afrikaans and local argot in seamlessly, without either condescending to the South African reader or pandering to readers elsewhere.?/em> ?Stephanie Alexander, The Witness

‘Margie Orford queen of South African thrillers, has cracked it.  Her third book in the Clare hart series, Daddy’s Girl, has delivered the “ball-crushing fear?she aims for.?/em> ?The Weekender

‘To her credit, Orford’s books often have the knack of being impossible to let go of.  Her characters feel very true to life, and because she puts a lot of effort into capturing minute details so that her settings acquire depth and become real in reader’s minds.?/em> ?Natalie Bosman, The Citizen

'Orford is one of a select club of South African crime writers who have built an international reading audience. One can see why: she delights in perfectly rendered local colour and lingo, her characters are convincing, the setting ?a police force in messy and sometimes dysfunctional transformation ?is conveyed with unflinching honesty, and she writes with verve and a crackling energy.' ?William Saunderson Meyer, Business Day

‘Margie Orford is guilty of writing a very, very good thriller. Sophisticated plotting, great characters, raw emotions, a satisfying resolution, respectful of, but not slavish to, the genre.?/em> ?John Maytham, (Cape Talk radio host and critic)

‘Margie Orford is to Cape Town what Val McDermid is to the north of England, capturing the seamier side of the Mother City: drugs, prostitution, gangs, police corruption and the clash between policing and political correctness. ?Thriller fans will be delighted by this, the latest Clare Hart novel. But, as I said before, the Cape tourist industry, and sections of the South African police, I suspect, will not.?/em> ?Anthony Egan, Mail and Guardian

 

Meet Sophie Brown

Sophie BrownTHE QUARRY is a unique collaboration between Margie Orford and artist Kathryn Smith.

Read more about this extraordinary project.


 

Support Rape Crisis Cape Town

Rape Crisis Cape Town Hearts1,000 Hearts: Buy a heart and support Rape Crisis Cape Town.





weddingdressesshop.org studiodrdre.com vondrdre.com drdrefnac.com drdrefnac.com cheapclsaleonline.com